癌症筛查套餐

犀星之杜诊所六本木 癌症筛查套餐

特长:为了满足氨基指数或线虫癌检查结果曾经呈阳性者,以及有癌症家族史而对患癌风险有所担心的年轻人群,还有即将或已经达到癌症发病年龄的对象人群希望进行全方位癌症筛查的需求,我院开创了犀星之杜全身癌症筛查套餐。该套餐通过癌症基因检查和DWIBS法将核磁共振检查和 CT检查结合在一起,从而进行更好的检查。

DWIBS法

DWIBS法是伴随着不断提高的核磁共振成像性能,由日本医生于2004年开发的一种新的检测方法。通常是利用癌细胞的细胞密度高而导致细胞间水分缓慢流动这一性质,核磁共振成像可通过检测和分析细胞间水分的流动,从而对癌症进行诊断。PET-CT通过利用癌细胞的糖代谢高于正常细胞的现象来检测和诊断癌症,因此与 DWIBS 方法的机制有所不同。

DWIBS法和PET-CT的对比

DWIBS法和PET-CT的对比

比较项目 PET-CT DWIBS
检查前的饮食限制 检查前约4~5小时开始禁食。
禁止饮用果汁或牛奶等含糖饮料,禁酒。
无特别限制
注射 施用检查药剂FDG(放射性物质)。
医疗辐射 有(使用剂量不会产生副作用,但会造成X射线和FDG的双重辐射。)
照射时间 30分钟左右 30分钟左右
安静时间 检查前:检查药剂渗透到全身大约需要1个小时/检查后:约30分钟至 1小时让放射性物质衰减(合计共需要约3小时)。
检查时注意事项 孕妇和肾病患者不能接受检查。 如果您血糖过高或正在接受糖尿病治疗,则需要提前进行咨询(可能导致检查结果不准确)。 体内有金属片,使用心脏起搏器或有纹身者不能接受检查。
从接诊到结束所需时间 2~3小时 1~1个半小时
不适合检查部位 胃部,尿路系统等 胃部,食道,大肠,甲状腺,肺部等*

*:关于DWIBS不适合检查的部位,建议结合胸部CT检查肺部,内窥镜检查消化道器官。

检查费用全身DWIBS+胸部CT 165,000円(税込み)
在上面套餐基础上,我们还提供可以追加脑部检查套餐和腹部检查套餐的高级套餐。 220,000円(税込み)

DWIBS 在我院的合作诊所(DN画像诊断诊所东京(芝大门))进行。图像由国立癌症中心中央医院放射科的专家进行解读。

癌症基因检查CanTect

CanTect 可分析癌症相关基因的现状,量化患癌风险,有助于预防癌症、确认癌症治疗效果和防止复发。

发现癌症基因的解析

选取47个与癌症产生有高度关联的基因,并测量其担体RNA的数量。在现阶段,仅能评估癌症的易患程度,仍难以特定具体癌症。

游离DNA浓度

即使在没有任何治疗的情况下,癌症组织的细胞死亡也很活跃。来自死亡癌症细胞中的大量DNA进入血液,导致癌症患者的游离DNA浓度比健康人群高。因此,血液中较高的游离DNA浓度会增加患癌风险。

基因突变分析

DNA在外界刺激(如紫外线辐射、化学物质、氧化自由基等)的作用下不断发生突变,如果抑癌基因的DNA发生突变,DNA 修复机能和免疫力就会减弱,导致其无法清除突变基因,从而促进癌细胞的发育和生长。

甲基化解析

如果抑癌基因已经发展为甲基化,即停止基因发挥其正常功能的现象,则其不能再抑制癌症的产生。如果存在两个或更多已经甲基化的抑癌基因,则可以怀疑癌症已经产生。

我们根据这些检查结果,对癌症易发器官进行筛查。并对判定为C等级和D等级的患者进行以饮食为主的生活方式指导,以预防癌症的发生,发展和治疗后的复发。

样本采集方法 抽血 25ml
结果判定时间  3~4周

がん治療コンサルティングサービス

はじめに

みなと芝クリニックでは、がん治療に関する医療コンサルティングサービスを開始します。がん治療に関する不安や疑問を解消し、迷いのない治療を目指す患者さんやご家族のためのアドバイザーとして当院をご活用ください。

相談可能ながん腫

  • 消化管
  • 胆肝膵
  • 乳腺
※その他の部位のがんについてはお問い合わせください

このような方のニーズにお応えします

  • 診断ならびに治療方針に関して不安を抱えておられる方
  • 紹介先医療機関にご不安を持っておられる方
  • 複数の選択肢から治療法を選択する際の相談者を求めておられる方
  • 主治医とのコミュニケーションにお悩みを抱えておられる方
  • その他、がん治療に関する「よろず相談」を希望される方

医療サービスの詳細

1、がん治療に関する総合医療コンサルティング

対象となるご相談者様

原則としてご本人様

現在、日本でもセカンドオピニオンの考え方が普及しつつありますが、主治医への依頼そのものも勇気と決断がいるというのも患者さんの現実です。また、多くの患者さんは、治療の出発点において、また治療が始まってからも、誰に何を相談したら良いのかという「質問ニーズ」を解消できることなく、治療に臨んでいる例が少なくありません。「がん治療に関する総合医療コンサルティング」は、患者さんのみならず、誰もが気軽に利用できる相談窓口として、
がん治療に関する豊富な知識と経験をもつ専門家が対応するものです。私たちは、迷いのない治療への道を拓きたいと考えておられる患者さん、最善の予後管理の方法を目指す患者さん、患者さんのご家族のよきアドバイザーとしての役割を果たしていきたいと思っております。

2、セカンドオピニオン

対象となるご相談者様

原則としてご本人様(ご家族の場合は、ご本人様の相談同意書が必要です)

受診中の医療機関において、一旦は診断及び治療法が決定したものの、セカンドオピニオンを得たいという方のリクエストにお答えします。セカンドオピニオンを希望される方には、原則として担当医経由の紹介状ならびに診療情報提供書ならびにこれに付帯する各種医療データのご提供をお願いしております。尚、これらの文書、データはご予約頂いた面談日の一週間前に届くようにご手配をお願いします。また、セカンドオピニオンは自由診療枠となりますが、ご本人様、ご家族ともに本人確認のために保険証等のご提示をお願い致しております。


セカンドオピニオンをお受けできない事例

  • 転医、転院を前提としたご相談

  • 医療過誤および裁判係争中に関するご相談

  • 診療情報提供書・各種医療データのご提示なきご相談

  • 既に終了している治療に関するご相談

  • 既にお亡くなりになった患者様に関するご相談

 

3、MDアンダーソンがんセンターへのご紹介

対象となるご相談者様

原則としてご本人様

クリニックの院長(医博)、川本徹は、筑波大学の臨床医学系外科(消化器)の講師の任にあった期間のうち、2003 年7 月より2006 年8 月までの間、アメリカテキサス州にある、テキサス大学MD アンダーソンがんセンター(正式英文名称:University of Texas MD Anderson Cancer Center)において、研究所ならびに臨床腫瘍科に所属しながら、assistant professor として主に消化器がんの病理研究と臨床研究に携わって参りました。当クリニックでは、院長のこれらの経験と人脈を生かして、テキサス大学M.D. アンダーソンがんセンターにおけるがん治療コンサルテーション、あるいは実際に受診を希望される患者様への医療サービスを提供することとしました。今や、がん治療は日進月歩で治療薬が開発され、治療手段が無いと諦められていた進行がんもアメリカでは治療対象となっているのもあります。日本国内で既存のがん治療で効果が不十分であったり、国内で他の治療法が無いと宣告された方や最初から世界最先端のがん治療を希望される方などを対象とし、総合的な医療アドバイスをご提供した後、同機関への紹介に尽力いたします。

相談料

初回診察料 5,500円(税込み)
基本相談料 初回1時間まで 9,900円(税込)
30分ごとに4,950円(税込)
※2回目以降も同じ相談料にてご相談を承ります。
英文による、診療情報提供書の作成 1件、33,000円(税込)

*実際の受診時には別途諸経費(がんセンター受診料、渡航及び滞在費など)がかかります。

お申し込み

    ● 面談は完全予約制となります。
    ● お申し込みやお問い合わせは電話にて受け付けます。
    TEL 03-3401-3141
簡単WEB予約
pagetop