がん検診・がん治療コンサルティングサービス

犀星の杜クリニック六本木のがん検診

特徴:アミノインデックスや線虫がん検査で陽性になった方や若い方でもがん家系で何となくがんが心配な方、がん年齢の年に違づいているまたは、なっている方で網羅的にがん検診を行いたいという要望に応えて、当院ではがん遺伝子検査とDWIBS法によるMRI検査、CT検査を組み合わせた犀星の杜全身がん検診コースを創設しました。

DWIBS法

DWIBS法とは2004年にMRIの高性能化に伴い、日本人医師によって開発された新しい検査方法です。一般的にがん細胞は細胞密度が高く、細胞間の水野動きが遅くなる性質を利用し、その動きをMRIで検出解析し、がんを診断します。PET-CTは、がんの糖代謝が正常細胞と比較して高いことを利用してがんを検出、診断していることから、DWIBS法とはメカニズムが異なります。

DWIBS法とPET-CTとの比較

DWIBS法とPET-CTとの比較

比較項目 PET-CT DWIBS
検査前の食事制限 検査時間の約4~5時間前から絶食。ジュースや牛乳など糖分を含む飲料、お酒は飲めない 特になし
注射 検査薬FDG(放射性物質)を投与 なし
医療被ばく あり(副作用が心配される量ではないがX線とFDGの二重被ばくになる) なし
撮影時間 30分前後 30分前後
安静時間 検査前:検査薬が全身に渡るまでの約1時間/検査後:放射線物質を減衰させるために約30分~1時間(全3時間ほど) なし
受診注意事項 妊娠中の方、腎臓疾患がある方は受診不可
血糖値が高い方、糖尿病治療中の場合は要相談(検査結果が正しく出ない恐れあり)
体内に金属プレートがある、ペースメーカー利用者、タトゥーがある場合などは受診不可
受付~終了までの所要時間 2~3時間 1~1時間30分
不得意な部位 胃、尿路系など 胃、食道、大腸、甲状腺、肺など*

*:DWIBSの不得意な肺は胸部CT、消化管は内視鏡検査を併用することを勧めます。

検査代全身DWIBS+胸部CT 165,000円(税込み)
上記に脳ドックと腹部ドックを追加したプレミアセットもあります。 220,000円(税込み)

DWIBSは提携先クリニック(DN画像診断クリニック東京(芝大門))で行います。国立がんセンター中央病院放射線科の専門医が読影します。

がん遺伝子検査CanTect

CanTectはがん関連遺伝子の現在の状況を解析し、がんの存在リスクを数値化して、がん予防、がんの治療効果確認や再発予防に役立てることができます。

がん遺伝子発現の解析

がんの発症との関連が高い遺伝子を47種選択し、そのメッセンジャーRNAの量を測定します。現段階ではがんになり易さを評価するのみで、個々のがんの特定は難しいようです。

フリーDNA濃度

がん組織は何も治療をしない状態でも細胞死が盛んに起こっており、死んだ細胞由来のDNAが大量に血液中に流入するため、健常者と比べてフリーDNA濃度が増加します。従って、濃度が高いとがん発生の危険性が増加します。

突然変異解析

DNAは外部刺激(紫外線、化学物質、活性酸素など)により常に変異していますが、がん抑制遺伝子のDNAに変異が見られた場合、DNAの修復機構や免疫力が衰えてしまうと、変異遺伝子が除去されずにがん細胞の発生や増殖を促進してしまいます。

メチル化解析

がん抑制遺伝子に、働きをオフにするメチル化という現象が起こってしまうと、がんの発生を抑制することができなくなります。メチル化したがん抑制遺伝子が2つ以上あると、がんが発生している疑いがあります。

これらの結果をもとに、がんに罹りやすい臓器の検診を推進します。C,D判定の患者さんには食事を中心とした生活習慣の指導により、がんの発生あるいは進展、がん治療後の再発を防いでいきます。

検体採取方法 採血 25ml
結果判定   3~4週間
検査代  247,500円(税込み)

がん治療コンサルティングサービス

はじめに

みなと芝クリニックでは、がん治療に関する医療コンサルティングサービスを開始します。がん治療に関する不安や疑問を解消し、迷いのない治療を目指す患者さんやご家族のためのアドバイザーとして当院をご活用ください。

相談可能ながん腫

  • 消化管
  • 胆肝膵
  • 乳腺
※その他の部位のがんについてはお問い合わせください

このような方のニーズにお応えします

  • 診断ならびに治療方針に関して不安を抱えておられる方
  • 紹介先医療機関にご不安を持っておられる方
  • 複数の選択肢から治療法を選択する際の相談者を求めておられる方
  • 主治医とのコミュニケーションにお悩みを抱えておられる方
  • その他、がん治療に関する「よろず相談」を希望される方

医療サービスの詳細

1、がん治療に関する総合医療コンサルティング

対象となるご相談者様

原則としてご本人様

現在、日本でもセカンドオピニオンの考え方が普及しつつありますが、主治医への依頼そのものも勇気と決断がいるというのも患者さんの現実です。また、多くの患者さんは、治療の出発点において、また治療が始まってからも、誰に何を相談したら良いのかという「質問ニーズ」を解消できることなく、治療に臨んでいる例が少なくありません。「がん治療に関する総合医療コンサルティング」は、患者さんのみならず、誰もが気軽に利用できる相談窓口として、
がん治療に関する豊富な知識と経験をもつ専門家が対応するものです。私たちは、迷いのない治療への道を拓きたいと考えておられる患者さん、最善の予後管理の方法を目指す患者さん、患者さんのご家族のよきアドバイザーとしての役割を果たしていきたいと思っております。

2、セカンドオピニオン

対象となるご相談者様

原則としてご本人様(ご家族の場合は、ご本人様の相談同意書が必要です)

受診中の医療機関において、一旦は診断及び治療法が決定したものの、セカンドオピニオンを得たいという方のリクエストにお答えします。セカンドオピニオンを希望される方には、原則として担当医経由の紹介状ならびに診療情報提供書ならびにこれに付帯する各種医療データのご提供をお願いしております。尚、これらの文書、データはご予約頂いた面談日の一週間前に届くようにご手配をお願いします。また、セカンドオピニオンは自由診療枠となりますが、ご本人様、ご家族ともに本人確認のために保険証等のご提示をお願い致しております。


セカンドオピニオンをお受けできない事例

  • 転医、転院を前提としたご相談

  • 医療過誤および裁判係争中に関するご相談

  • 診療情報提供書・各種医療データのご提示なきご相談

  • 既に終了している治療に関するご相談

  • 既にお亡くなりになった患者様に関するご相談

 

3、MDアンダーソンがんセンターへのご紹介

対象となるご相談者様

原則としてご本人様

クリニックの院長(医博)、川本徹は、筑波大学の臨床医学系外科(消化器)の講師の任にあった期間のうち、2003 年7 月より2006 年8 月までの間、アメリカテキサス州にある、テキサス大学MD アンダーソンがんセンター(正式英文名称:University of Texas MD Anderson Cancer Center)において、研究所ならびに臨床腫瘍科に所属しながら、assistant professor として主に消化器がんの病理研究と臨床研究に携わって参りました。当クリニックでは、院長のこれらの経験と人脈を生かして、テキサス大学M.D. アンダーソンがんセンターにおけるがん治療コンサルテーション、あるいは実際に受診を希望される患者様への医療サービスを提供することとしました。今や、がん治療は日進月歩で治療薬が開発され、治療手段が無いと諦められていた進行がんもアメリカでは治療対象となっているのもあります。日本国内で既存のがん治療で効果が不十分であったり、国内で他の治療法が無いと宣告された方や最初から世界最先端のがん治療を希望される方などを対象とし、総合的な医療アドバイスをご提供した後、同機関への紹介に尽力いたします。

相談料

初回診察料 5,500円(税込み)
基本相談料 初回1時間まで 9,900円(税込)
30分ごとに4,950円(税込)
※2回目以降も同じ相談料にてご相談を承ります。
英文による、診療情報提供書の作成 1件、33,000円(税込)

*実際の受診時には別途諸経費(がんセンター受診料、渡航及び滞在費など)がかかります。

お申し込み

    ● 面談は完全予約制となります。
    ● お申し込みやお問い合わせは電話にて受け付けます。
    TEL 03-3401-3141
簡単WEB予約
pagetop