ブログ

  • clinic

    神経系の再生医療に乳歯髄由来幹細胞培養上清液が著効

    脳梗塞や脳出血後遺症で、まだ拘縮していない手足が不自由な方、軽度認知障害の方には乳歯髄由来幹細胞培養上清液治療が有効である可能性があります。乳歯髄由来の上清液には神経栄養因子や神経成長因子が多く含まれ、特に中枢神経系のダ […]

    2024.07.08

  • clinic

    ご高齢の方の再生医療をどう考えるか

    70歳を過ぎた方には、幹細胞治療よりも幹細胞培養上清液治療をお勧めします。自身の幹細胞の活性が高ければ、サイトカイン等を産生する能力が高く、治療効果を期待しやすいと考えられますが、活性が低い場合は効果が薄いと思われます。 […]

    2024.07.08

  • clinic

    点滴した培養幹細胞は体内のどこに行って、どう効いているのか

    再生医療の要と言われている幹細胞治療。一番、知りたいのはどのような効果がどれくらい続くのかというところではないでしょうか。幹細胞は様々な細胞に分化する能力と分裂増殖してもいつまでも未分化能を維持している細胞です。ですから […]

    2024.07.08

  • clinic

    N-NOSE検査を受けてみて

    当院で実施しているN-NOSE早期がんスクリーニングテストを私も受けてみました。15種の方でしたが、判定はCでした。A~Cは半年から1年の間隔で定期検査を行うことが推奨されています。私はお正月前にもう一度受けます。Cまで […]

    2024.06.13

  • clinic

    日本における変形性股関節症と再生医療

    変形性股関節症とは何らかの原因で股関節の内側の軟骨がいたみ、すり減ってしまう病気をいいます。最初は立ち上がりや歩き始めに足の付け根が痛い、長時間の立ち仕事で重だるい痛みを感じるようになり、進行すると痛みは股関節だけではな […]

    2024.06.10

  • clinic

    認知症及びサルコペニア(筋肉減少症)検診の勧め

    まだ、認知症に至っていない早期認知障害や最近、増加傾向にあるサルコペニアは血液検査(自費)により、早い段階で診断できるようになりました。早い段階であれば、進行しないうちに予防治療(自費)が可能となります。健康寿命を長く保 […]

    2024.05.31

  • clinic

    股関節腔内注射の開始

    当院では変形性膝関節症に対する血小板由来成長因子の関節腔内注射治療(自費診療)を行ってきましたが、6月より変形性股関節症の方にも本治療を開始しました。今まで、股関節症の方の治療法は無いに等しく、股関節症でお悩みの患者さん […]

    2024.05.31

  • clinic

    健常者から膵がん、肝がんの患者さんを判別する検診があります

    現代医学において、がんの早期診断は最重要課題です。なぜなら、早期がんでは進行がんの治療のように過大な手術や高額な化学療法、放射線療法などが必要ないため、患者負担が少なく、かつ医療費を節減できること、そして治療成績が飛躍的 […]

    2024.05.25

  • clinic

    軽度認知症(MCI)の早期発見の重要性

    超高齢化社会のわが国では、現在85歳以上の4人に1人が認知症といわれ、2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人の約700万人、2050年には1000万人を超えると推測されています。一方、認知症の前段階である軽度認知障 […]

    2024.05.18

  • clinic

    変形性膝関節症に対するPFC、脂肪由来幹細胞治療後のリハビリテーション計画

    原則、外来通院は2週間から1か月に一回、状況に応じて診察とリハビリテーションの指導を行います。 第1病日~第14病日 日常的な歩行を3,000~5000歩/日程度、負荷をかけずに行います(階段の昇り降り、重い荷物を持って […]

    2024.04.19

TAGタグ

ARCHIVE月別アーカイブ

簡単WEB予約
pagetop